お電話によるお問い合わせ番号
スマートフォン用ページはこちらです

不倫相手に対する慰謝料請求

配偶者が、浮気や不倫という不貞行為をした場合、貞操義務に反した配偶者に対して慰謝料を請求することができます。慰謝料について詳しく

さらに、不貞行為の相手方に対しても慰謝料を請求することができる場合があります。
例えば、妻が夫の不倫相手の女性に対して慰謝料を請求する場合です。
この場合、夫とその不倫相手方の行為によって、妻は精神的損害を受けたとして、共同不法行為(民法719条)が成立していると考えられるからです。

慰謝料の請求額

慰謝料額については、夫婦や相手方の事情、不貞行為の態様によって異なります。
不貞行為が原因となって離婚に至った場合、裁判や和解によって100万円から300万円の範囲で解決していることが多いようです。

慰謝料の請求方法

まずは、直接本人に請求する方法があります
この場合、相手方に会いたくないときは、内容証明郵便による請求方法がよいでしょう。
このとき注意しなければならないのは、相手方に対する請求が脅迫や恐喝と判断されないようにすることです。

次に、直接請求しても、相手が認めないときには、裁判で解決することになります。
提訴する裁判所は、家庭裁判所ではなく、地方裁判所(請求額が140万円を超えるとき)、または、簡易裁判所(請求額が140万円以下のとき)になります。
その場合、慰謝料の根拠(不貞行為の証拠)について、請求する側が立証しなければなりません。

夫婦関係が破綻している場合の慰謝料請求

慰謝料請求サポートイメージ

不倫などの不貞行為や暴力行為などの不法行為があった場合、被害者であるあなたの気持ちを書類にして相手方に請求するお手伝いをさせていただきます。内容証明郵便による請求を代行いたします。

慰謝料請求サポートについて詳しく

慰謝料の請求期間

この慰謝料請求権は、夫婦の一方が他方の不貞行為を知ったときから時効が進行します。
したがって、不貞行為の事実を知ってから3年以上経過すると、3年以上前に生じた損害は時効により消滅してしまいます。注意しましょう。詳しく

猫の挿絵............

協議離婚手続きのことなら、専門の行政書士にお任せください

当事務所では、身近な街の法律家、相談役としてご活用していただけるよう、丁寧でわかりやすい説明と柔らかな応対に心がけていますので、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼もお気軽にどうぞ。こちらから

サポート・サービス

協議離婚の豆知識

お問い合わせ

  • 電話番号 06-6131-5696
    • 受付時間 月~金 9:00~18:00
    • サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼もお気軽にどうぞ。
    こちらから

専門サイト

矢印
PageTop